志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットについても解説

不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットについても解説

≪ 前へ|建売住宅購入を検討している人向けにチェックポイントをご紹介   記事一覧   売るのが難しい筆界未確定の土地の売却方法をご紹介|次へ ≫

不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットについても解説

不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットについても解説

不動産購入の際には、所有者の権利を登記しますが、夫婦でマイホームを購入する際には共有名義にすることも可能です。
また、共有名義にする場合のメリット・デメリットについても事前に把握しておくと安心です。
そこで今回は、不動産購入における共有名義のメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

共有名義とは?不動産購入で共同名義にする方法

共有名義とは、一戸建てやマンション、土地などの不動産を取得するため共同で出資し、出資額の割合に応じた所有持ち分で「登記」することを言います。
たとえば、4,000万円の不動産を夫婦それぞれが2,000万円ずつ出資して購入した場合、2分の1ずつの所有持分で共有名義にできるのです。

共有名義とは?不動産購入で共有名義にする方法

共有名義を不動産で購入するメリットとして挙げられるのが、住宅ローン控除を二重に受けられる点です。
それぞれの収入に対して「住宅ローン控除」を受けることが可能なので、減税額が多くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。
控除されるのは所得税と住民税で、夫婦が共働きで共有名義にした場合、夫婦それぞれの所得税・住民税に対して住宅ローン控除が適用されるため、節税対策として効果的です。

共有名義で不動産購入するデメリットとは?

一方、デメリットとして挙げられるのが、共有者が他界するとその持ち分が相続の対象となる点です。
不動産の共有名義人が亡くなった場合、その方の持分は相続の対象となり、もともとは2人の共有名義であっても、所有者が増えてしまい権利関係が複雑になる可能性もあります。
また、仕事を辞めて収入がなくなった場合、仕事を辞めた方の分の住宅ローンももうひとりが支払うケースが出てくるでしょうが、この場合は「贈与」とみなされ贈与税がかかってしまうこともあります。
節税対策として効果的な共有名義ですが、不動産購入や住宅ローンにともなう諸費用として、事務手数料や登記手数料などが共有名義人の人数分かかることもあるため、事前に確認しておくと安心です。
まとめ
不動産購入の際に共有名義にすることで、それぞれ住宅ローン控除を受けられるといったメリットがあります。
一方で共有名義人が他界した場合には、その持ち分が相続の対象となり、所有者が増える可能性があることも理解しておく必要があります。
後々のトラブルを避けるために、共有名義を検討する場合は、ご夫婦でしっかり話し合ったうえで決定することが大切です。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|建売住宅購入を検討している人向けにチェックポイントをご紹介   記事一覧   売るのが難しい筆界未確定の土地の売却方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る