志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説

新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説

≪ 前へ|既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   建売住宅購入を検討している人向けにチェックポイントをご紹介|次へ ≫

新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説

新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説

猫と暮らすと家の中がぼろぼろになるとよく聞きますが、それはそのペットが悪いわけではなく、飼い主のペットへの理解不足が招くものでもあるのです。
新築でペットとともに生活を送りたいのであれば、まずはその習性や特性をしっかりと理解しなければいけません。
ではどうすればペットと快適な生活を送れるのか、またそのための設備や注意点などについてみていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築物件で猫と暮らすためのポイント

家を新築して、そこで猫と一緒に暮らすには抑えておくべきポイントがいくつかありますが、まずはその習性をしっかりと理解することが重要です。
まずよく知られている習性として爪とぎがあり、柱や壁などがその標的となりやすいため保護シートなどで傷の防止をしたうえで、爪とぎ用のグッズを試してみると良いでしょう。
また室内飼育は運動不足になりがちですので、段差のある場所を作ってあげることで運動でき、また人目に触れにくい隠れられるスペースを設けてあげるのも必要です。
猫はきれい好きな動物ですので、もっとも汚れやすいトイレの掃除を怠るとトイレ以外の場所で用を足してしまいますので、常にきれいにしておく必要があります。

新築で猫と暮らすうえでの場所別の注意点

飼い主は大切なペットにとっての快適空間を作ってあげるのと同時に安全についても気を付ける必要があり、まずは脱走防止として、玄関にゲートを設置するとよいでしょう。
リビングにおいての注意点はコンセントと配線で、這っているコードでじゃれることで感電することもありますので、コンセントの場所や配線の長さに配慮しましょう。
キッチンは食べ物のにおいがする魅力的な場所ですが、火や包丁など危険な場所でもありますので、こちらもゲートや柵での対策が必要です。

猫と暮らすために新築に設置したい設備

猫は高い場所が好きな動物で、なおかつ静かに落ち着いて過ごせるスペースも必要となりますので、キャットウォークやキャットタワーは必須です。
室内飼育では行動範囲には限度があり、それがストレスの原因ともなりますので、ストレス解消のために、外の景色が見える出窓などの窓辺スペースを確保しましょう。
また夏の冷房や冬の暖房時にはドアを閉めた状態になりますが、猫が出入りできないためキャットドアを設置すると自由に出入りでき便利です。

まとめ

猫は気ままな動物ですので、自分の思うままに動き回り、自分のペースで生活を送ります。
そこに人間が入って無理やり言うことを聞かせようとしても、それは無理な話というものです。
だからこそ、ペットが快適にそして安全に暮らせる空間を作ってあげることが飼い主の役目なのです。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   建売住宅購入を検討している人向けにチェックポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る