志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介

既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介

≪ 前へ|土地売却の際に確認する境界線とは?調べ方や費用についてご説明   記事一覧   新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説|次へ ≫

既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介

既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時に使うメリット・デメリットについてご紹介

家の売却後に問題が見つかった場合、責任を負わないといけないと聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、既存住宅売買瑕疵保険を利用することで、負担が軽減されるかもしれません。
この記事では、既存住宅売買瑕疵保険とはなにか、利用するメリット・デメリットについてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

既存住宅売買瑕疵保険とはなにかご説明

既存住宅売買瑕疵保険とは、家の売却後に問題が起きた際、契約不適合責任により必要がある場合に限り補償してくれる保険です。
既存住宅売買瑕疵保険は任意保険ですが、加入しておくことで家の修理費用などの負担を軽減することができます。
既存住宅売買瑕疵保険は、雨漏りや、家の柱や壁など構造上の問題が保証対象になります。
費用は一戸建てかマンション、また、保証期間や家の広さによっても異なりますが、3万円〜5万円ほどが相場でしょう。
家の売却後に問題が発生するか心配な方は、加入を検討してみるのも良いかもしれません。

既存住宅売買瑕疵保険を利用するメリットについてご説明

既存住宅売買瑕疵保険を利用するメリットとしては、問題が発生した際にトラブルを防げる点でしょう。
問題が発生した際にも保険会社が間に入って対応してくれるため、直接買主とのやり取りの必要がないため安心です。
また、既存住宅売買瑕疵保険に加入しておけば問題が起きないか不安に思うこともなく、安心のために加入するというメリットもあります。
ほかにも、既存住宅売買瑕疵保険に加入することで、買主は税の優遇措置を受けられるので買手が現れやすいのはメリットでしょう。

既存住宅売買瑕疵保険を利用するデメリットについてご説明

既存住宅売買瑕疵保険を利用するデメリットとして大きいのは、売却の際の費用の負担が大きくなってしまう点です。
家を売却する際には、仲介手数料やローンの一括返済手数料などがかかります。
そこに、既存住宅売買瑕疵保険が追加で掛かってしまうのは大きな負担になり得ます。
また、家が古すぎることによって、保険に加入する前に改修が必要な場合があります。
改修することによって結果的に、負担が大きくなってしまう場合もあるため、家の状態によってはデメリットになるでしょう。

まとめ

既存住宅売買瑕疵保険とはなにか、利用するメリット・デメリットについてご紹介しました。
既存住宅売買瑕疵保険は家の売却後に問題が見つかった場合、修繕費などを負担してくれるメリットがあります。
しかし、家が古すぎる場合は加入のために改修が必要であり、改修費がかえって高くなる場合もあるため注意しましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地売却の際に確認する境界線とは?調べ方や費用についてご説明   記事一覧   新築で猫と快適に暮らすためのポイントや注意点などについて徹底解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る