志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 築40年の住宅を売却する方法!売れにくい理由や放置するリスクについて

築40年の住宅を売却する方法!売れにくい理由や放置するリスクについて

≪ 前へ|不動産売却において不動産会社の選び方のポイントとは?   記事一覧   袋小路とはどんな土地?家の売却において受ける影響とは?|次へ ≫

築40年の住宅を売却する方法!売れにくい理由や放置するリスクについて

築40年の住宅を売却する方法!売れにくい理由や放置するリスクについて

不動産は早く売り出すほうが良いですが、築40年以上の住宅となると売却するのは難しいと言われています。
売れにくい理由を知ることで、対応の仕方が変わってくるでしょう。
そこで今回、築40年の住宅を売り出す方法や放置することによって生じるリスクをご紹介していきますので、ぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

築40年の住宅が売却しにくい理由

築40年も建ち続けている住宅ですと売却しにくいのが現状です。
その理由のひとつが、老朽化によって外観が悪くなることや、住宅設備が古く安全性の不安などで資産価値が低いことです。
資産価値が下がるほど買い手からの注目度は低く、住むことに抵抗を覚える方が多くいます。
さらに、耐震性が低いという問題もあります。
古いマンションの場合は、旧耐震と呼ばれるもので建てられており、現在の耐震基準と比較すると強度が低いものが多いです。
年数が経過するほど需要が下がるため、売り出すのならば早いほうが良いでしょう。

築40年の住宅を売却せず放置するリスク

売却するのが難しいからと放置し続けるのもリスクがあります。
それは固定資産税を支払い続けなければいけないということです。
住んでいればまだ良いですが、放置したままにして別の住宅で生活をしていた場合、お金の負担がプラスでかかってしまいます。
さらに、老朽化による問題で、解体をするほどの状態にしていると、空き家として自治体から強制処分を受けてしまったり、解体費用を請求されるといったことになりかねません。
放置することのリスクも考えて行動することが必要です。

築40年の住宅を売却する方法

築40年以上であっても早く売りたいと考えるならば、資産価値を上げるためのリフォームをおこなうことです。
古い住宅であるのは変わりありませんが、リフォームをして綺麗な状態にして見せることによって需要が高まります。
費用をかけてまで綺麗にすることを躊躇するのであれば、解体をして更地にするという手もあります。
買い手にとって古屋つき土地というのは、解体しなければと思われるケースがあるのです。
解体には費用がかかりますが、しっかりとリフォームするより金銭の負担が抑えられ、土地として高額で売れる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

築40年の住宅は、資産価値や耐震性が低いことが多いため、売却が難しいですが、放置するとお金の負担もかかってきます。
劣化し過ぎた場合、解体も必要になってきますが、土地だけで売り出すならば早めに解体すると良いでしょう。
リフォームして売るという方法もあるので、高く早く売却するのであれば専門の業者に相談して対応しましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却において不動産会社の選び方のポイントとは?   記事一覧   袋小路とはどんな土地?家の売却において受ける影響とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る