志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 競売物件を購入するメリットやデメリットをご紹介

競売物件を購入するメリットやデメリットをご紹介

≪ 前へ|頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?   記事一覧   気付かれずに不動産売却をおこなう方法をご紹介|次へ ≫

競売物件を購入するメリットやデメリットをご紹介

競売物件を購入するメリットやデメリットをご紹介

マイホームの購入を検討している方の中に、競売物件の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。
しかし競売物件の購入方法が分かりにくく、困っている方もいると思います。
本記事では、競売物件の概要やメリット、デメリットをご紹介します。
競売物件の購入を検討している方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

競売物件とは

競売物件とは、住宅ローンを返済できなくなった方の担保であった土地や物件が差し押さえられ、売却された物件です。
住宅ローンを組んでいる不動産は抵当権が設定されています。
抵当権とは、住宅ローンの貸主である金融機関が不動産に設定する権利で、ローンが支払えなくなったときに不動産を取り上げることができるものです。
競売物件は既に裁判所に差し押さえられている不動産であるため、元の持ち主の手を離れており、売主がいないことが特徴です。
一般的な物件は売主が売却して買主に引き渡しをしますが、競売物件には引き渡しがありません。

競売物件を購入するメリット

競売物件を購入するメリットの1つ目は、費用が安いことです。
一般的な物件と比べると、競売物件は3割ほど安く購入できることが多くなっています。
また、競売物件のなかには、多様な物件が存在していることもメリットです。
不動産会社を仲介しないため、不動産市場には出回っていない物件が含まれています。
たとえば、三角形の特殊な土地や、アパート一棟などさまざまな物件が競売物件のなかにあります。
会社の事業で賃貸物件を一棟まるごと買いたい経営者や、住居を壊して商業施設を建設したい方などにおすすめです。
また、裁判所が必要な手続きを行ってくれるため、手続きがシンプルで簡単であることもメリットです。

競売物件を購入するデメリット

競売物件には引き渡し義務がないため、差し押さえを受けたはずの住人がそのまま住み続けて不法占拠しているリスクがあります。
住人が不法占拠している場合、購入者が裁判所に引き渡しを命じる申し立てをしなければいけません。
また、内覧ができないことも、競売物件のデメリットです。
裁判所が作成した書類のみが情報源となります。
必要であれば、物件まで移動して、外から物件を観察して把握する必要があります。

まとめ

競売物件とは、住宅ローンを払えなくなった方の担保(土地や物件)を裁判所が差し押さえた物件です。
競売物件の内覧ができず、裁判所のみの書類からしか情報を得られないことに注意しましょう。
ただ、物件価格が一般の物件より安く設定されているため、お得に物件を購入できる可能背があります。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?   記事一覧   気付かれずに不動産売却をおこなう方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る