志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却におけるリースバックのメリット・デメリットとは

不動産売却におけるリースバックのメリット・デメリットとは

≪ 前へ|ライフステージの変化と不動産売却のタイミングについてご紹介   記事一覧   頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?|次へ ≫

不動産売却におけるリースバックのメリット・デメリットとは

不動産売却におけるリースバックのメリット・デメリットとは

夢だったマイホームを手に入れたあと、状況が変わって住宅ローンの支払いができなくなってしまった…などということは、誰にでも起こり得ることです。
しかし売却してもローンを完済できなかったり、新たに住む場所を探す必要があったりとほかの問題が発生することもあります。
今回はそんな場合の対策の1つ、リースバックについてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

売却時のリースバックとは何か

リースバックとは、ご自宅を一旦売却したうえで、新たな所有者に賃料を支払ってそのまま住み続ける仕組みのことを言います。
実はこの方法であれば、先にご紹介した住宅ローンの支払いに困ったという場合以外でも、活用することが可能です。
たとえばお子さんの教育資金や、老後の生活費のためにまとまった資金を取っておきたい場合などです。
事業資金に困った場合などもこの仕組みを利用すると、周囲の方に状況を知られることはありませんので、安心できるのではないでしょうか。
似たような仕組みにリバースモーゲージがありますが、内容は異なります。
リバースモーゲージとは、自宅を担保にして新たな借り入れをし、期限がきたときに売却してローンを返済するものです。

リースバックのメリット

リースバックの最大のメリットは、なんと言ってもそのまま住み続けることができることでしょう。
住み慣れた家の安心感が得られることはもちろん、引っ越しの手間や費用もかからないのはありがたいメリットです。
さらに不動産の所有者ではありませんので、これまで支払っていた固定資産税などの税負担がなくなり、維持費は掛からなくなります。
また、将来的に状況が変わった場合には、その家をそのまま買い戻せる場合もあります。
すべてのケースで認められているわけではありませんが、「買い戻し特約」が付加されている場合もありますので、気になる方は確認してみてください。

リースバックのデメリット

しかし一方でデメリットがあるのも事実です。
リースバックの場合、売却価格は周辺の相場よりも安くなることがあります。
その反対に、家賃は周辺相場よりも高くなる傾向にあります。
また、所有者が変わったことによってご自身のマイホームではなくなっていますので、自由にリフォームすることはできません。
一般的な賃貸物件と同様、所有者である大家さんや不動産会社に相談する必要があることも、注意すべきポイントです。

まとめ

現在の家に住み続けながら売却する仕組み「リースバック」についてご紹介しました。
メリットがあればデメリットもあるというのは、この仕組みに限らないことです。
現状がどうあるか、将来どうしたいかなど見据えたうえで、興味のある方はリースバックを検討されてみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ライフステージの変化と不動産売却のタイミングについてご紹介   記事一覧   頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る