志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > LCCM住宅とは?購入するときのメリットとデメリットもご紹介

LCCM住宅とは?購入するときのメリットとデメリットもご紹介

≪ 前へ|不動産売却時に気になる査定方法についてご紹介   記事一覧    購入したマンションのリフォームできる範囲や注意点のポイントをご紹介|次へ ≫

LCCM住宅とは?購入するときのメリットとデメリットもご紹介

LCCM住宅とは?購入するときのメリットとデメリットもご紹介

LCCM住宅という住宅をご存じでしょうか。
この記事ではLCCM住宅とはどんな住宅なのかについてご紹介します。
また、購入するときのメリットとデメリットも併せてご紹介するので、一戸建て住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

LCCM住宅購入と補助金の条件とは

LCCM住宅とはとてもエコな住宅として注目されています。
CO2の排出を抑えつつ、再生可能エネルギーを生み出す住宅を指します。
同じような住宅の1つにZEH住宅というものもあります。
ZEH住宅とは、CO2排出量を±0にする住宅のことです。
LCCM住宅は、建築の時から住宅を廃棄するまでの長い期間でCO2の排出を0にする住宅である点がZEH住宅との違いと言えるでしょう。
LCCM住宅に認定されるためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。
条件をクリアしたLCCM住宅を建築すると国から補助金が支給され、決して安くはない建築費の足しにすることが可能です。

LCCM住宅を購入するメリット

LCCM住宅を購入するメリットの1つはエコ、つまり環境に優しいということです。
建築してから住宅を解体するまでにCO2の排出をマイナスにするという地球にとって嬉しい住宅です。
その他、断熱性が高い点もメリットと言えます。
夏は涼しく、冬は暖かい部屋の中で過ごすことができるので快適でしょう。
断熱性が高いことに付随して、冷暖房の使用を抑えることができるので一緒に光熱費も抑えることもできます。
環境にも暮らしにも、家計にとってもエコなところがLCCM住宅のメリットです。

LCCM住宅を購入するデメリット

LCCM住宅のデメリットは、建設に必要な初期費用が高額な点です。
CO2の排出を抑えるためにたくさんの設備を取り入れる必要があるためです。
また、LCCM住宅はまだまだ新しい住宅の1つなので、対応している建築会社が少ないというのもデメリットと言えるでしょう。
他にも太陽光パネルを設置するにあたって屋根の形状に縛りがあります。
そのため、間取り自体にも制限が出る可能性があります。
費用面や間取り、建築会社など多くの課題をクリアすることが住宅建設に必要になってくるのです。

まとめ

LCCm住宅はCO2排出を抑えることができる画期的な住宅です。
多くのメリットがある一方で、クリアしなければならないデメリットもいくつかあります。
環境に優しい住宅として、一度検討してみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時に気になる査定方法についてご紹介   記事一覧    購入したマンションのリフォームできる範囲や注意点のポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る