志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の強い味方!レインズについて概要や利用の流れなどを解説

不動産売却の強い味方!レインズについて概要や利用の流れなどを解説

≪ 前へ|和室を洋室にリフォームする場合のメリット・デメリットや費用をご紹介   記事一覧   マイホームを購入する際に利用できるフラット35についてご紹介!|次へ ≫

不動産売却の強い味方!レインズについて概要や利用の流れなどを解説

不動産売却の強い味方!レインズについて概要や利用の流れなどを解説

今回は不動産売却を検討されている方への参考情報として、不動産売却の際に強い味方となってくれる「レインズ」について解説します。
まずはレインズとはどういうものか、その概要を解説したうえでレインズ利用の流れなどもご説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却で強い味方となってくれるレインズとは?

レインズとは「Real Estate Information Network System」の頭文字をとったもので、不動産会社が物件情報を交換するためのネットワークシステムを指します。
不動産売却の仲介依頼を受けた不動産会社がレインズで物件情報を公開することで、他の不動産会社の顧客の中からも買い手候補を探せるようになります。
そのため、自社の顧客のみで買い手候補を探すよりも早く買い手が見つかりやすくなるというメリットがあります。

不動産売却の際に利用したいレインズ!その利用の流れとは?

不動産売却の際にレインズを利用して広く買い手を探すための流れを「弊社に不動産売却の相談をしていただいた」という前提で解説しましょう。
売却相談を受けた弊社はまず、レインズの物件情報からお客様の売却物件と似た条件の物件情報などを参考に、相場を調べたうえで査定します。
査定額にご納得していただいた後、専任媒介契約または専属専任媒介契約にて媒介契約を締結し、お客様の物件情報をレインズに登録したうえで登録証明書をお客様に交付します。
その後、弊社の顧客データの中からも買い手を探しつつ、レインズで他の不動産会社の顧客からも買い手を探していきます。
それから買い手が見つかれば、売買契約成立後に弊社がレインズに成約登録をする、という流れになります。

レインズへの登録義務は不動産売却の媒介契約の種類で異なる

不動産売却の際に使用するレインズへの物件情報の登録義務は、不動産会社と締結する媒介契約の種類によって異なります。
専任媒介契約の場合は媒介契約締結日から7日以内、専属専任媒介契約の場合は締結日から5日以内がレインズへの登録期限とされていますが、一般媒介契約の場合は登録義務そのものがありません。
弊社が専任媒介契約や専属専任媒介契約をおすすめする大きな理由は2つあります。
まず、お客様にとって「売却物件の情報が確実にレインズに登録される」という安心感があることです。
それから専任媒介契約と専属専任媒介契約には活動報告義務もあるので、お客様に販売活動の状況を定期的に把握してもらえるというメリットがあります。

まとめ

今回は不動産売却の強い味方となってくれるレインズについて解説しました。
専任媒介契約または専属専任媒介契約であれば物件情報は確実にレインズに登録され、買い手がより見つかりやすい状況となりますので、ぜひご検討ください。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|和室を洋室にリフォームする場合のメリット・デメリットや費用をご紹介   記事一覧   マイホームを購入する際に利用できるフラット35についてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る