志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?

中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?

≪ 前へ|マイホームにサンルームを設置するメリットとは?設置費用や注意点も解説   記事一覧   家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?

中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?

中古物件を購入しオール電化住宅のリフォームを検討している方もいらっしゃるでしょう。
オール電化住宅はガスを使っている場合と設備にどのような違いがあるのでしょうか。
オール電化住宅の電気代はどの程度かかるのかも気になりますよね。
今回はオール電化住宅に関する疑問についていろいろとお話をしていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件をオール電化にリフォームするとどのような設備が?

オール電化とは、調理器具や給湯設備、空調設備などのすべてのエネルギーを電気で賄うシステムのことです。
オール電化対象器具については以下の種類があります。

●IHクッキングヒーター
ガスと比較をしても十分な火力のタイプが増えています。
掃除も簡単で、安全性にも優れています。

●電気温水器
深夜電力でお湯を沸かし、昼間は貯めたお湯を利用するシステムです。
高温で貯湯されたお湯が利用の温度に自動調整し供給されます。

●エコキュート
気体が圧縮されることで熱が発生する仕組みを利用したシステムです。
大気熱とコンプレッサーを利用することで、使用する電気エネルギーの3倍の熱エネルギーが供給可能な消費エネルギーの少ない給湯システムです。

●床暖房、浴室乾燥機
エコキュートで貯めたお湯を床暖房や浴室乾燥・暖房といった設備に利用することが可能です。

オール電化で使用される電気温水器とエコキュートの違いとは

電気温水器とエコキュート、どちらもオール電化の設備でお湯を沸かす仕組みですがどのような違いがあるのでしょうか。

●お湯を沸かす仕組み
電気温水器は貯湯タンクの中のヒーターでお湯を沸かします。
一方、エコキュートは二酸化炭素を使用し、ヒートポンプを利用してお湯を沸かしています。

●設置場所・スペース
電気温水器は貯湯タンクを設置するだけなので、横幅・奥行がそれぞれ1mほどあれば十分です。
一方、エコキュートは貯湯タンクとヒートポンプの両方の設置が必要なため、ある程度のスペースが必要になります。

中古物件をオール電化にリフォームすると電気代はどのくらい?

オール電化住宅の電気代は年間で15~18万円が平均とされています。
一方、ガスを利用している家庭の年間の電気代の平均額は10~13万円とされています。
ガスを利用している家庭の場合、これにガス代が加わるため、光熱費で考えるとオール電化住宅の方が割安の場合が多いです。

まとめ

中古物件を購入しオール電化へリフォームをした場合の設備などについていろいろとお話をしてきました。
電力の自由化に伴い、居住者が自由に契約する電力会社を選ぶことができるようになり、電気代を節約することも可能です。
光熱費の節約に一役買うオール電化をぜひ検討してみませんか。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|マイホームにサンルームを設置するメリットとは?設置費用や注意点も解説   記事一覧   家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る