志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

≪ 前へ|中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?   記事一覧   不動産売却に「負動産」となった不動産の相続放棄および処分方法などをご紹介|次へ ≫

家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

家を購入する際のペアローンとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介!

マイホームは憧れであるものの、額が額であるためになかなか手を出せない方も多いでのではないでしょうか?
その際に知っておきたいのが「ペアローン」です。
ペアローンをあまり理解していない方や、なんとなく抵抗がある方もいるのではないでしょうか?
そこでこの記事ではペアローンとはいったいなんなのか、特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。
マイホームを購入したいものの、費用が高く手を出しにくいと悩んでいる方は必見の内容です。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を購入する際のペアローンの概要と特徴は?

ペアローンとは1つの家に対して一定の収入がある複数の方が債務者として住宅ローンを組むことです。
多くの場合は夫婦での契約を想定していますが、多様性により同性パートナーでの契約、老後問題から親子での契約が可能な場合もあります。
ペアローンは収入自体は合算するものの、借入額と毎月の返済額は個別に設定できます。
ペアローンによって借入額を増やせるため、物件の選択肢が広がるでしょう。

ペアローンで家を購入するメリットとは?

ペアローンのメリットは以下のとおりです。

●借入可能額の増額
●住宅ローン控除


先程も述べたように借入可能額が増えるため、物件の選択肢が広がります。
さらに、住宅ローン控除額は1人最大40万円となっており、二人でペアローンを組むと最大80万円まで控除可能です。
自分の借入額だけでは希望する物件を購入できない場合は、ペアローンを活用することで購入できる可能性が高くなったり、節税効果が見込めたりといったメリットがあるのです。

家を購入する際のペアローンのデメリットと注意点は?

ペアローンを選択するデメリットは以下のとおりです。

●どちらかが死亡した場合はもう一方の債務は残る
●諸費用が2倍になる


ペアローンでなければ団信が債務に充当され、以降の住宅ローンを支払う必要がなくなります。
しかし、ペアローンの場合はどちらかが先に死亡した場合は死亡者の債務はなくなりますが、もう片方は支払い続けなければなりません。
さらに住宅ローンを2つ組む必要があるため、手続きに必要な費用も全て2倍となります。
世帯全体での返済額が多くなる点は必ず押さえておきましょう。

まとめ

この記事では家を購入する際に耳にする「ペアローン」についてご紹介しました。
ペアローンによって物件の選択肢が増えることもあるでしょう。
しかし世帯全体では返済額が増えるデメリットがあります。
ペアローンはメリット・デメリットを把握した上で選択しましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|中古物件を購入しオール電化へリフォーム!ガスとの設備の違いや電気代は?   記事一覧   不動産売却に「負動産」となった不動産の相続放棄および処分方法などをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る