志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法

なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法

≪ 前へ|和室ありの不動産購入で気になる!琉球畳の特徴とメリットやデメリット   記事一覧   スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説|次へ ≫

なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法

なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法

三角地と呼ばれる土地は一般的に売却しづらい土地とされています。
この記事では「三角地が売却しづらいと言われている理由」と「三角地を売却しやすくする方法」についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

三角地が売却しづらい理由とは

三角地は一般的に売却しづらい土地に分類されます。
ここでは、三角地が売却しづらい土地と言われている理由をご紹介します。
売却しづらい理由は全部で2つあります。

デッドスペースができてしまう

基本的に建てる家は四角形です。
なので、三角形の土地の中に四角形の家を建ててしまうと、土地にデッドスペースが多くできます。
三角地では土地を有効活用できないため、売却しづらくなっています。

狭小地の可能性がある

極端に狭い土地のことを「狭小地」と呼びます。
三角地のなかには土地の面積が狭く、狭小地とされているものが多いです。
この狭小地は、土地の面積が狭いことから再建築不可となっています。
再建築不可の土地は購入しても家を建てることができないので、買い手が見つからず売却しづらいです。

三角地をうまく売却する方法

続いて、三角地をうまく売却する方法をご紹介します。
うまく売却する方法は全部で2つです。

周りの土地を購入して形を整える

うまく売却する方法1つ目は、三角地の隣地を購入して形を整える方法です。
三角地が売却しづらい理由は三角形だからです。
つまり、土地が三角形でなければ、売却が容易になります。
なので、三角地の隣地をいくつか購入し、三角地を三角地でないようにしましょう。
そうすることで、ほかの土地と条件が変わらなくなり、売却しやすくなります。

デッドスペースを少なくする

三角地はデットスペースがあるので人気がありません。
売却しやすくするには、デッドスペースを減らす工夫をしましょう。
ただし、土地の形状を変えるのは難しいです。
そのため買主が土地の見学に来る際は、ものを置いてデットスペースを見えづらくするという方法が有効的です。
たとえば、デットスペースに倉庫を置いたり、車をデットスペースに置いたりします。
こうすることで、「デットスペースがたくさんある」という印象を買主に与えづらくなり売却が容易になります。

まとめ

ここまで、三角地が売却しづらい理由や売却しやすくなる方法について解説しました。
三角地の売却は非常に難しいです。
なので、三角地の売却に不安を感じる方は、今回ご紹介した方法を参考にして売却を進めてみてください。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|和室ありの不動産購入で気になる!琉球畳の特徴とメリットやデメリット   記事一覧   スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る