志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説

スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説

≪ 前へ|なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法   記事一覧   遠方にある不動産の売却方法と流れ、注意点についてご紹介!|次へ ≫

スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説

スケルトン・インフィル構造とは?購入するメリット・デメリットも解説

スケルトン・インフィル構造とはどのような建築方法なのでしょうか。
家の柱や床の構造躯体と間取りや内装を別で作る構造のことをスケルトン・インフィル構造と呼びます。
今回の記事では、スケルトン・インフィル構造の家を購入するメリット・デメリットについてまとめています。

弊社へのお問い合わせはこちら

スケルトン・インフィル構造とは?

それでは、スケルトン・インフィル構造がどんなものなのかご説明していきます。

スケルトン・インフィル構造とはどんなもの?

冒頭でも記述しましたが、柱や床など家の構造躯体と間取りや内装を別で建築する方法スケルトン・インフィル構造といいます。
スケルトン・インフィル構造はマンションや集合住宅でよく使用されている建築方式です。
しかし、戸建てにも応用してスケルトン・インフィル構造の家を建築することができます。

スケルトン・インフィル構造の家を購入するメリット

スケルトン・インフィル構造の家を購入するメリットは主に2つあります。

お金をあまりかけず間取りを変更できる
メリット1つ目は、お金をあまりかけずに間取りを変更できることです。
構造躯体の外側と内装や間取りなどの内側を分けて建築しているので、一般の家よりも安価でリフォームすることが可能です。
なので、子どもの成長などのライフステージの変化によって間取り変更がしやすくなっています。

長期にわたって家を使用できる
メリット2つ目は、長期にわたって家を使用できることです。
構造躯体の耐久性が高くなるようにスケルトン・インフィル構造は設計されています。
そのため、長期間住むことが可能となっています。

スケルトン・インフィル構造の家を購入するデメリット

スケルトン・インフィル構造の家を購入すると「間取りを変更しやすい」や「耐久力が高い」というメリットがあります。
しかし、スケルトン・インフィル構造の家には1つデメリットがあります。
それはコストが高いということです。
耐久力が高いので、その分材料費が高くなってしまいます。
ただ、長期にわたって使用可能なので、子どもや孫に引き継ぐと考えるのなら低コストと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では、「スケルトン・インフィル構造とは」と「スケルトン・インフィル構造のメリット・デメリット」についてまとめました。
スケルトン・インフィル 構造は間取り変更が容易にできるので、子どもがこれから大きくなる家庭におすすめできる建築方法です。
子ども小さいのなら、スケルトン・インフィル構造の家を検討してみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|なぜ三角地の売却は難しいのか?売却しづらい理由と売却方法   記事一覧   遠方にある不動産の売却方法と流れ、注意点についてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る