志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 中古不動産購入とリフォーム!リフォームするなら購入前?購入後?

中古不動産購入とリフォーム!リフォームするなら購入前?購入後?

≪ 前へ|不動産の購入で知っておきたい!耐震基準適合証明書とは   記事一覧   土地売却において利用できる税金の控除にはどんなものがあるの?|次へ ≫

中古不動産購入とリフォーム!リフォームするなら購入前?購入後?

中古不動産購入とリフォーム!リフォームするなら購入前?購入後?

中古住宅を購入しリフォームを施して住もうと考える場合、リフォーム済みの家と、これからリフォームをする家のどちらを購入するかといった選択肢があります。
既にリフォームしてきれいな状態の住宅も良さそうですが、購入後に自分でリフォームをするのも捨てがたいですよね。
今回は、それぞれのケースにおけるメリット・デメリットを見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入前にチェック!リフォーム済み不動産のメリット

以前、入居していた方が退去した後に、室内の設備や内装がきれいにリフォームされた物件を購入する場合、次のようなメリットがあります。

すぐに入居し生活ができる
必要な設備の交換がおこなわれ、内装もきれいな状態になっているため、すぐに入居し生活をスタートさせることができます。

資金面でプランが立てやすい
物件を購入した後でリフォームをする場合、さらに資金が必要になり、いくらぐらいになるのかがはっきりわかりません。
その点、既にリフォームが済んでいれば物件の購入費用だけで済むため、資金面のプランが立てやすくなります。
一方でデメリットもあります。

建物そのものの状態を見ることができない
柱や基礎、梁などの家そのもの状態を見ることができないため、シロアリ被害や雨漏りなどの老朽化を見過ごしてしまう可能性があります。

好みの内装ではない場合がある
きれいにリフォームされていても、内装が自分好みとは限りません。

購入後にリフォームをする不動産購入

中古物件を購入して自分でリフォームをする場合、次のようなメリットがあります。

選ぶ物件の幅が増える
リフォームが済んでいない中古物件は数多くあり、価格もさまざまなので、選択肢が増えます。

自分好みに変えることができる
内装や設備、リフォーム業者を自由に選べるので、自分好みのリフォームをおこなうことができます。

建物そのものの状態を見ることができる
リフォームで隠されていないので、劣化など、建物そのものの状態をしっかり見ることができます。
デメリットには次のようなものがあります。

すぐに入居できない
リフォーム工事が済むまで入居、生活ができないため、仮住まいが必要になります。

自分で手配をする必要がある
リフォーム会社の選定や依頼、打ち合わせなど、自分でさまざまな手続きをしなければなりません。

資金面でプランが立てにくい
リフォームにどれぐらい資金がかかるか把握しにくく、家を購入した費用との合計金額がいくらぐらいになるか読めません。

まとめ

中古の不動産には、あらかじめリフォームが済んでいる物件と済んでいない物件がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあるため、さまざまな点から考慮して慎重に選ぶことが大切です。
今回の内容も参考にしながら納得の不動産購入となるよう検討してみてください。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の購入で知っておきたい!耐震基準適合証明書とは   記事一覧   土地売却において利用できる税金の控除にはどんなものがあるの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る