志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の按分とは?方法や注意点を解説

不動産売却時の按分とは?方法や注意点を解説

≪ 前へ|不動産を一括購入で手に入れる場合についてご紹介   記事一覧   住宅ローンの賢い選び方を3つの観点から解説!金利の違いもご紹介!|次へ ≫

不動産売却時の按分とは?方法や注意点を解説

不動産売却時の按分とは?方法や注意点を解説

埼玉県志木市や新座市、朝霞市にて不動産売却を検討している方、富士見市やふじみ野市に不動産を所有している方は、「按分」についてご存じでしょうか。
ここでは、不動産売却時の按分とは何か、方法や注意点について解説していきます。
物件を売るうえで重要なポイントになるので、ぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時の按分とは?

土地と建物の比率や割合を表す按分は、不動産の売却を考えはじめるまで知らない方が多い言葉の1つです。
通常売却価格というのは「物件の合算金額」が表示されます。
この合算部分には建物代と土地代の両方が含まれており、その他諸費用は別途支払いが必要になるイメージです。
売買時には合算金額でも問題ありませんが、税金は土地と建物で扱いが違うため、金額の内訳を決める必要があるのです。
この、土地と建物の金額の割合を決めることを按分といいます。
また、この割合により買主、売主の納税額において損得が発生するため、公平に按分をおこなう必要があるのです。

不動産売却時の按分とは?方法

割合を決める方法として、時価などを目安に買主と売主が話し合って決める、固定資産税評価額を基準に決める、不動産鑑定士に評価してもらうなどの方法があります。
もっとも利用されているのは固定資産税評価額による決め方です。
この方法であれば公平でありながら、追加の出費も必要ありません。
何も基準がないまま、買主と売主同士で決めようとすると話がまとまらず、最悪の場合交渉決裂やトラブルに発展する可能性もあります。
不動産鑑定士に依頼する決め方は公平にはなるものの、依頼による出費負担なども決めなければならず、利用される機会は少なめでしょう。

不動産売却時の按分とは?注意点

割合を決めるうえでの注意点は、双方が納得して決めること、客観的な評価などを基準にすることです。
双方が納得して割合を決めることで、売った後にトラブルが起こる可能性を減らすとともに、お互いに気持ちの良い取引になるでしょう。
また、お互いの主観から決めようとするとなかなか決まらなかったり不公平な割合になってしまうこともあることから、客観的かつ公平な数値などを基準に決めるようにしましょう。
割合によって税金の支払い額などが異なってくるので、「面倒なので何でも良い」などとはせず、しっかり納得して契約しましょう。

まとめ

不動産売却時の按分は、土地と建物の割合のことを指す言葉です。
物件を売るときは「物件価格」として、建物と土地を合わせた金額が表記されていますが、税金の支払いなどでそれぞれの金額が必要になってきます。
もっとも利用されているのは、固定資産税評価額を基準に割合を決める方法です。
注意点として、双方納得のいく割合になるように客観的かつ公平な数値を基準に決めましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を一括購入で手に入れる場合についてご紹介   記事一覧   住宅ローンの賢い選び方を3つの観点から解説!金利の違いもご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る