志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 「親子リレー住宅ローン」とは?仕組みやメリット・デメリットをご紹介

「親子リレー住宅ローン」とは?仕組みやメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|マイホームを建てるときに関わってくる建ぺい率や容積率とは?   記事一覧   不動産を一括購入で手に入れる場合についてご紹介|次へ ≫

「親子リレー住宅ローン」とは?仕組みやメリット・デメリットをご紹介

親子リレー住宅ローンとはなにか?メリット・デメリットもご紹介!

親子2世帯で暮らしで、一緒に住宅を購入を検討している方に注目してほしいのが「親子リレー住宅ローン」です。
この住宅ローンの特徴は、親子で一緒に住む住宅を購入する際に、親と子一緒にローンを組むことで、融資の金額も多くなり、購入できる住宅の幅も広がるというものです。
今回はこのローンの仕組みとメリット・デメリットについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレー住宅ローンとは?仕組みや条件をご紹介

このローンの大きな特徴は、親子で一つのローンを組み最初に親がそれから子、といったようにリレー方式で返済していくものです。

リレーローンについて

親子で一つのローンを組むというのは、親が高齢で短い返済期間でしか借り入れができない、一人のローンでは、融資の金額が十分ではないといった場合に便利です。
「親と子それぞれで借り入れをしても希望額に届かない」という場合は、この方式を使用すると、借入金額が高額であっても月々の負担が少なくて済むというメリットもあります。

条件について

親子リレー住宅ローンは、その名のとおり親子で同居していなければなりません。
また、同居していて一緒に住んでいればいいというだけではなく、当然ながら二人とも十分な安定している収入が必要となります。
年齢の部分で言うと、親の年齢は70歳未満、子の最終返済時の年齢が80歳未満であるという条件もあります。

親子リレー住宅ローンのメリット

親子リレーローンの大きなメリットとしては、一人で借りるよりも借入金額が増やせるという点です。
同居するにあたってバリアフリー物件を検討していても、予算が足りないといった場合にはこういった方式で一緒に借りてみるのも良さそうです。
また二人で、リレー方式で返済するため、返済期間が長期間となります。
それに伴い月々の返済金額の負担は、同額を一人で融資を受けるよりも少なく済むのが特徴です。
ほかにも、住宅ローン控除も親と子2人分使えるなどのメリットがあります。

親子リレー住宅ローンのデメリット

しかし、こういったリレー方式でもデメリットはあります。
住宅ローンの返済中に死亡してしまったときのために加入する団体信用生命保険は、子のみしか入れません。
少額の返済しか済んでいない状態で親が死亡してしまった場合、あるいは返済が困難になってしまった場合、その金額はすべて子が負担することになります。
さらにローンは一緒に組んでいても、住宅自体は相続税の対象となります。
相続税対策と言って、家の名義を子にしていると親の返済分は生前贈与とみなされてしまいます。
相続税や贈与の対象となるということで実際に相続する人間同士でのトラブルも多いのがデメリットの一つです。

まとめ

親子リレー住宅ローンとは、親と子がリレー方式で返済をしていくローンのあり方です。
融資額が増える、返済の負担が減るといったメリットがある一方で、早期に親が返済困難な状態になってしまえば負担も増え、さらに住宅は相続税の対象になります。
親族間でもトラブルになりやすいため、使用する際は相続の対策も事前に行なっておいたほうが良いでしょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホームを建てるときに関わってくる建ぺい率や容積率とは?   記事一覧   不動産を一括購入で手に入れる場合についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る