志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > マイホーム購入時に頭金を支払う意味や相場は?思わぬ注意点も

マイホーム購入時に頭金を支払う意味や相場は?思わぬ注意点も

≪ 前へ|不動産購入する際に用意すべき必要書類とは   記事一覧   不動産売却の際に必要な手数料や税金の種類とは|次へ ≫

マイホーム購入時に頭金を支払う意味や相場は?思わぬ注意点も

マイホーム購入時に頭金を支払う意味や相場は?思わぬ注意点も

ほとんどの場合、マイホームの購入時には頭金を支払うことになります。
しかし、頭金を支払うことにどんな意味があるのか、具体的には理解できていないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、マイホーム購入の際に支払う頭金の意味や、頭金の相場、そして頭金に関する注意点についてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入の際に頭金を支払う意味とは

まず「頭金」とは、住宅ローンを組む際に、自己資金から支払う現金のことを指します。
つまり、マイホーム購入価格の一部を最初に頭金として現金で支払い、残りの額を住宅ローンで返済していくわけです。
そんな頭金には、住宅ローンとして借り入れる額を減らすという意味があります。
借入額が多くなると、それだけ返済期間が長くなってしまったり、毎月の返済額が増えてしまうからです。
全体の返済額が少なくなると単純に毎月の返済額を抑えられるだけでなく、返済期間を短くすることで金利分の支払いを減らすことができます。
返済総額を減らす意味でも、ある程度まとまった額の頭金を支払っておくことをおすすめします。

マイホーム購入価格に対する頭金の相場とは

マイホーム購入における頭金の相場は、購入価格の10%から20%前後が目安となります。
購入する不動産の価格が高くなるほど、準備する頭金の割合も高くなる傾向にあるようです。
かつては頭金について「購入価格の20%以上が望ましい」という考えが一般的とされていましたが、現在は超低金利が続いていることもあって、頭金の比率を減らす買主が増加傾向となっています。

マイホーム購入にむけて頭金の額を決める際の注意点

頭金を支払う際の注意点としては、現金での支払いが必要な費用は頭金以外にもあるということです。
マイホーム購入にあたっては、住宅ローン手数料や、仲介手数料、所得税などの諸経費が発生します。
諸経費として必要な額は不動産購入価格の3%から10%程度だといわれており、決して少ない金額ではありません。
さらに、新居への引っ越し費用や家具家電を新調するための現金も必要です。
これらの諸経費を計算にいれず、頭金の額を決めてしまわないようにしましょう。
また、頭金が多ければ多いほど返済総額が減るというのは確かですが、だからといって貯金のすべてを頭金にあてるのは危険です。
長い返済期間中には、思わぬリストラにあったり、事故や病気で働けない期間ができる可能性もあります。
入院すれば治療費もかかりますし、子どもの進学にも現金が必要です。
いざというときにも困らないためにも、ある程度の余力は残しておくことをおすすめします。

まとめ

頭金には、返済負担を軽くするという意味があります。
しかし、無理やり捻出したお金で頭金を支払っても、結局は返済に無理が出てしまうでしょう。
まずはマイホームの予算をしっかり検討したうえで、頭金の額についても考えてみてくださいね。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入する際に用意すべき必要書類とは   記事一覧   不動産売却の際に必要な手数料や税金の種類とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る