志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 土地を売るタイミングはいつが最適?所有期間や地価動向をふまえてご紹介

土地を売るタイミングはいつが最適?所有期間や地価動向をふまえてご紹介

≪ 前へ|庭付きの一戸建てを購入するメリット・デメリットと活用方法をご紹介!   記事一覧   道路に面していない土地の価格は?種類や売却方法もご紹介|次へ ≫

土地を売るタイミングはいつが最適?所有期間や地価動向をふまえてご紹介

土地を売るタイミングはいつが最適?所有期間や地価動向をふまえてご紹介

土地の所有者は、できる限り損をしないタイミングで売りたいのは当然でしょう。
しかし土地価格は変動するものであり、売却するのに踏ん切りがつかない方が多いのではないでしょうか?
そこでこの記事では、土地を売るタイミングを所有期間や地価動向をふまえて紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地を売るタイミングを所有期間の観点から紹介

土地を売るタイミングとして、所有期間で判断することも重要です。
土地を売却して譲渡所得が発生すれば、所得税と住民税が発生します。
しかし、土地の所得期間によって課税率は変わります。
たとえば土地の所有期間が5年以下の場合は短期譲渡所得となり、所得税が30%、住民税は9%以下です。
しかし5年を超えれば長期譲渡所得となり、所得税が15%、住民税は5%へと変わります。
10年超所有する居住用不動産であれば、譲渡所得6,000万円以下に関しては税金の軽減措置を受けられます。
これらをふまえて、土地を売却することにより節税が可能です。

土地を売るタイミングを経済指標や地価動向から紹介

土地の価格は経済指標と大きく関係があります。
さらに世の中の変化も地価動向に大きく影響してくるものです。
経済指標に加えて、所有している土地の周辺地域の地価動向もふまえて土地の売却時期を検討することで、より高く売却することができます。
とはいえ、なかには地価動向をあまり受けていない土地もあるため、それらもしっかりと調べましょう。
地価動向を調べていくことで、今後の動向もある程度予測ができるはずです。

土地を売る際の注意点とは?

土地を売る際の注意点として挙げられるのが、土地の名義が自分になっていないと売ることができないことです。
たとえ親子関係であっても、名義人本人による契約が必要なので注意してください。
しかし、もしも名義人本人が意思表示をすることが難しい場合は、成年後見の申し立てにより代理人として手続きが可能になります。
とはいえ、基本的には名義人本人が契約をしなければならないことは頭にいれておきましょう。

まとめ

土地を売るタイミングについて紹介しました。
土地を売る際は、所有期間や地価動向をふまえて売却することが重要です。
ただ土地を売るよりも、土地の売却タイミングを勉強して売却することで、より大きな金額を手元に残せます。
注意点もあるため、それらもしっかりと頭に入れて土地の売却をしていかなければなりません。
この記事で学んだことを基にして、土地を上手に売っていきましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|庭付きの一戸建てを購入するメリット・デメリットと活用方法をご紹介!   記事一覧   道路に面していない土地の価格は?種類や売却方法もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る