志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン返済ができなくなった場合のリスクや救済措置とは?

住宅ローン返済ができなくなった場合のリスクや救済措置とは?

≪ 前へ|不動産の売却前に実施する住宅診断とは?メリットと注意点も解説   記事一覧   土地の購入で知っておきたい!土地の調査の仕方とは?|次へ ≫

住宅ローン返済ができなくなった場合のリスクや救済措置とは?

住宅ローン返済ができなくなった場合のリスクや救済措置とは?

今回のテーマは「住宅ローンの返済」です。
住宅ローンの返済ができなくなったらどんなリスクが発生するのか、返済が苦しいときの救済措置や、考えられる対処法などについて解説していきます。
住宅ローン利用を検討中の方や返済中の方は、ぜひ今回の情報を参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの返済ができなくなった場合のリスクとは?

住宅ローンの返済ができなくなってしまうと、大きなリスクが発生します。
最悪のリスクは「家が競売にかけられてしまい、家を手放すことになってしまう」というものですが、そうした最悪の事態になる前の段階でも、以下のようなリスクが発生します。

●まずは住宅ローンの債権者である金融機関から督促が来る
●個人信用情報に事故情報が登録されてしまう
●保証会社が代位弁済をしてくれるが、その保証会社から残債の一括返済請求をされてしまう


もちろん保証会社から一括返済請求をされてもそんなお金はないのでどうにもできず、最終的に競売にかけられてしまう、という流れになるわけですね。

住宅ローンの返済が苦しいときの救済措置とは?

住宅ローンの返済が苦しい、このままでは支払えなくなってしまう、という場合は金融機関に救済措置を受けられないかどうかを相談しましょう。
コロナ禍の影響もあって、住宅ローンの返済が苦しくなるケースは増えてきており、金融機関もそれを理解して、ある程度の救済措置には比較的柔軟に応じてくれる可能性が高いです。
おもな救済措置としては以下のようなものが挙げられます。

●返済期間の延長
●一定期間の返済額減額

住宅ローンの返済が苦しいときにしてはいけない対処法

住宅ローンの返済が苦しいという時に一番やってはいけない対処法として挙げられるのは「返済のためのお金を別のところ(消費者金融や家族親族など)から借りる」というものです。
借金を借金で返済するのはますます苦しくなるだけですから、絶対にやめましょう。
返済期間の変更など救済措置を受けても返済ができず「このままだったら競売にかけられるのを待つしかない」という場合は、任意売却を検討してみるのも手です。
任意売却は売却活動期間を長く取れるか、どれだけ早期に行動するかでも成功率がかなり変わってきますので、競売を避けたいなら早めに任意売却について専門業者に相談することをおすすめします。

まとめ

今回は住宅ローンの返済ができなくなったらどんなリスクがあるか、返済が苦しくなった場合の救済措置としてはどんなものがあるか、返済が苦しくなった際にやってはいけない対処法とは何か、などを解説しました。
まずはできるだけ早い段階で金融機関に相談し、それでも難しいなら任意売却も検討してみましょう。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の売却前に実施する住宅診断とは?メリットと注意点も解説   記事一覧   土地の購入で知っておきたい!土地の調査の仕方とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る