志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てに設置する階段にはどんな種類があるか

一戸建てに設置する階段にはどんな種類があるか

≪ 前へ|不動産を売却する場合どのような流れで進めていくのか   記事一覧   不動産が売れないときに考えたい原因や改善案とは?|次へ ≫

一戸建てに設置する階段にはどんな種類があるか

一戸建てに設置する階段にはどんな種類があるか

家を建てる場合に、是非慎重に検討していただきたいのが階段の設置です。
さまざまな種類がありますので、お部屋の雰囲気に合うようなものを選んだり、住みやすいと感じられるようなものを見つけてください。
ここでは、これから一戸建ての購入を検討されている方に抑えていただきたいポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てには階段はどこに設置したら良いのか

かつては、一戸建ての場合おおよその取り付け場所は決まっていて、それほど迷うこともなかったのですが、現在は個性的な造りの家も多いですし、人それぞれの好みや価値観も大きく異なっていることもあり、設置場所もさまざまです。
壁に沿って設置するメリットは、安定感が感じられることと室内を広く使えることです。
家の中央部分に造れば、階段そのものの存在感がアップして、オシャレな雰囲気にすることができます。
また、リビングに設置するようにすれば、帰宅した後必ずリビングを通過することになりますので、家族が顔を合わせることができるといった良さがあります。
しかしながら、リビングの温かい空気が二階に集まるため寒く感じられたり、暖房費が高くなったりとデメリットもあります。
反対に、玄関からそのまま階段に進めるようにすれば、外出するさいに便利に感じることでしょう。
しかしながら、リビングを通らなくても二階に行けるため、家族が顔を合わせる機会が減りやすいという心配も考える必要があります。

一戸建てに取り付けられる階段の種類について

踊り場がある「折り返し階段」は、万が一転んでしまっても、下まで落ちてしまうリスクを避けることができますが、スペースを広く必要とします。
「折れ階段」も、斜め角度のステップか踊り場があるため、転んでしまっても下まで落ちるリスクを多少は避けることができますが、ステップが小さく斜めになる部分がありますので注意が必要です。
「直線階段」は、面積をあまり必要としないのが魅力で、すっきりとした印象が感じられますが、転んでしまったときに下まで落ちるリスクがあります。
「らせん階段」は、オシャレな印象が魅力で、スペースをあまり使うことなく取り付けられるのが魅力ですが、二階に物を運搬する際に難しくなる場合もあります。

まとめ

一戸建ての印象を大きく左右する階段は、種類もいろいろありそれぞれにメリットとデメリットがありますのでよく考えて選ぶことをおすすめします。
デザインや安全面などさまざまな視点から考えて、使いやすいと思えるものを取り付けましょう。
家の広さやデザイン、間取りなどによって、どこに設置したら良いのか変わってきます。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却する場合どのような流れで進めていくのか   記事一覧   不動産が売れないときに考えたい原因や改善案とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る