志木市の不動産買取|株式会社TOY HOUSE > 株式会社TOY HOUSEのスタッフブログ記事一覧 > 「オーバーローン」で不動産購入する注意点やリスクとは?

「オーバーローン」で不動産購入する注意点やリスクとは?

≪ 前へ|アクセス良好で買い物もしやすい!埼玉県志木市の住みやすさを見ていこう   記事一覧   不動産を相続したらどうしたらいいの?不動産の売却方法を徹底解説|次へ ≫

「オーバーローン」で不動産購入する注意点やリスクとは?

「オーバーローン」で不動産購入する注意点やリスクとは

不動産の購入は、人生において大きな買い物となります。
とくに、30代までの若いうちに、新築マイホームや希望する土地を購入する場合には、「資金が不安」というケースもあるでしょう。
今回は、そんなときに活用できる「オーバーローン」と、利用に関する注意点やリスクをあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

「オーバーローン」とは?不動産購入でまとまった資金がなくても買える!?

オーバーローンとは、ローンの組み方のひとつで、預金額以上の借入れを受ける貸出超過をさしています。
車などを買う場合にも利用されることがあります。
不動産購入においてのオーバーローンとは、物件の価格を超える借入れを受けることです。
具体的には、頭金や諸費用の分のお金も借りることで、自己資金に余裕がなくても取得ができるという仕組みになります。
なお、よく似た言葉に「フルローン」がありますが、これは、諸費用は自己資金でまかない、不動産の価格と同じ分だけ借入れをすることを意味しています。

「オーバーローン」で不動産購入する注意点

まとまった預貯金などがない場合にも不動産購入できるオーバーローンは魅力的ですが、ふまえておきたい注意点もあります。
注意点のひとつは、金融機関によってオーバーローンで「諸費用」に認められるものが変わる場合があることです。
一般的には、登記費用や印紙代、保険料、引っ越し費用などは諸費用として認められやすいものです。
また、オーバーローンでの借入れは、住宅購入のための利用に限られます。
新居で使う家具を買う場合であっても認められないことが注意点です。

不動産購入で「オーバーローン」を利用するリスク

オーバーローンをするとき金融機関によっては、住宅ローンとは別の融資にされるリスクがあります。
不動産購入では、諸費用も大きな額になることは珍しくありません。
オーバーローンで借りるなら、諸費用分も金利が安いことが理想ですが、住宅ローンと別の融資となることで、諸費用分が高い金利となってしまう可能性があるのです。
また、もしも予想していない事態が起こり、購入後に不動産を売却するような場合にもリスクがあります。
通常のローンなら、物件の価格より借入額が下回っているので、取得したときと同じような価格で売っても残債を解決できる可能性があります。
しかしオーバーローンの場合には残債をクリアにするには、取得時よりも高く売却することに迫られます。

まとめ

まとまった資金がなくても不動産購入できるオーバーローンですが、利用は慎重になることが大切です。
先々まで無理のない購入を実現するためにも、購入や資金計画を考えはじめたら、まずは不動産会社にお気軽にご相談ください。
私たち株式会社TOY HOUSEは、志木市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお部屋探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|アクセス良好で買い物もしやすい!埼玉県志木市の住みやすさを見ていこう   記事一覧   不動産を相続したらどうしたらいいの?不動産の売却方法を徹底解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社TOY HOUSE
    • 〒353-0005
    • 埼玉県志木市幸町4丁目18番20号
    • TEL/0484944422
    • FAX/0484944422
    • 埼玉県知事 (1) 第24478号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る